農村文化伝承館「山本家」の施設概要と利用料金

1.山本家の由来

 黒部川扇状地を眼下に「山本家」は「納屋門」をくぐると600m2の民家があります。

 今から230年ほど前の江戸時代前半の建物であります。当家の9代目の当主「山本恵

 通」氏が昭和63年に、この建物を当時の宇奈月町(現在は黒部市)に寄付し「農村文化伝

 承館(山本家)」として、かまどを使った自炊等、古き懐かしい農村の素朴な生活を体験

 する貴重な施設として利用されています。

 この山本家には、明和(メイワ)6年当時の書類が残るなど、240年以上前からここに定着

 し、タバコ、蚕の振興や肝煎(キモイリ)、戸長、郡会議員など政治面にも関与し、寺小

 屋教育に努力し、郷土の発展に寄与していた。

  *明和というのは江戸中期(1764~1772年)の年号で、当時は後桜町天皇・後桃

   園天皇の時代。

  *肝煎(キモイリ)というのは諸事の 世話をする人で、江戸時代には名主・庄屋の別名でもあ

   り,武家,町人の社会でも中心的存在の人や役目のこと。この「肝煎」という役職

   は、1889年の市町村制施行により町長とか村長と改称された

 

2.施設の概要

  *施設の概要

    建 物:木造2階建て建築

    部屋数:16部屋

    全畳数:130枚

         (宿泊人数は、40名まで可能です。)

    浴 室:2箇所

    水洗トイレ:2箇所

    共同炊事場:2箇所

    囲炉裏:1箇所

    食 堂:1箇所

    釜 戸:3基

      (2階には、古い文書、陶器、農具等の展示もあります)

 

  *施設は、衛生面から黒部市の「上・下水道が完備」されています。

  *施設を利用(宿泊、日帰り、見学)される場合は、事前に予約をしていただきた

   く、お願いいたします。

  *水曜日は、原則として休館日ですが、その日が祭日等の場合は、翌日が休館日となり

   ますので、休館日以外の日に午前9時から午後4時までの間に電話(0765-65-2038)

   でお問合せのほどをお願いします。

 

3.利用料金

    宿 泊:高校生以上は、1,080円/人

        小・中学生は、720円/人

         *小学生未満は無料ですが、別途に寝具を使用される場合は

          小・中学生と同額となります。

         *宿泊者が居られる場合は、当直者がつきます。

       注)

         1)チェックインは、原則として13:00以降です。

       2)チェックアウトは、10:00までです。

       3)宿泊当たっては、寝具付きとなっていますが、宿泊の初日のみ寝具類のクリ

       ーニング代として別途に200円/人を頂戴いたします。

    日帰り:高校生以上は、540円/人

        小・中学生は、300円/人(小学生未満は無料)

       注)

         1)日帰りのチェックインは、原則として13:00以降です。

       2)また、チェックアウトは、16:00までです。

 

    見学入館:午前9時~午後4時までの間で、100円/人

            (小学生以下は無料です)

     「囲炉裏」の使用は無料ですが、使用される場合は「薪」ではなく「炭」を使用していただ

      きます。なお「炭」は当館において500円/3kgで販売していますが、持参されてもよろしい

      です。

 

 4.食  事

    食事は自炊でお願いします。なお、鍋や釜、それに付随する用具の他、食器類は

    有料でお使いいただけます

       食器類等の貸し出し価格

         3人分までは300円/1式

         4~7人分は510円/1式

         8人以上分は800円/1式

 

 5.参考までにお知らせ

   コインランドリーは6.5kmぐらい離れた「浦山」という地区にありますが、キャン

   プ場にドラム式の乾燥機付き全自動洗濯機(容量7kg程度、パウダーの洗剤付き)が

   利用可能です。

      (キャンプ場「TEL : 0765-65-1567」にお問合せください。

 

 6.山本家利用の参考提案

   1)料理体験

      農村生活を体験する施設ですので、農村の古い施設での食事の準備をていただ

      きますが、四季折々の体験が出来ます。たとえば、

      ①春~初夏:山本家周辺の山菜(コゴミ、ぜんまい、ワラビ、コシアブラ、タ

       ラノメ、タケノコ等々)を使っての山菜料理を味わう。

      ②夏~秋:キノコや木の実を使った炊き込みご飯を味わう。

      ③そのほか、グループでの「蕎麦うち」体験と賞味などなど。

   2)工作作り

      周辺の小枝、木の実、竹等を使った工作づくり等々

   3)ふれあい、絆づくり

      昔の家族のふれあいを思い出し、囲炉裏を囲んでの食事会や家族談義。また、

      友達同士の絆作りなどなど・・・・。

 

    *いろんな活用があると思います。

    *また、山本家を管理する私どもも、出来うる限りお手伝いさせていただきますの

     で、是非ご活用ください。

 *注意事項

  1)原則として、午後9時30分には消灯してください。

  2)午後10時以降は、シェアーで利用されている方や近隣の住宅に迷惑となる「大 

    声での会話」や「奇声」をあげなでください。

  3)自炊等で出るゴミは、黒部市指定の「ごみ袋(燃やせるゴミと燃やせないゴミの2

    種類の袋が有ります。)」に仕分けして入れてください。

    ゴミ袋は、管理事務室でも、原価(20円/1袋)で購入できます。 

 

 

***** これからも、随時に山本家の情報を提供していきますので、よろ

     しくお願いします *****

 

 1.明日キャンプ場

1)営業期間等

 *4月1日から11月30

  まで無休で営業。

 *11中旬を過ぎると、気温

 など天候条件が悪くなります

 ので、管理事務所までお問い

 合わせください。

2)予約受け付け

 *3月1日~3月31日の間

  は電話での予約付け

 *この間の受け付け時間 

  帯は、午前9時30分から

  午後4時00分まで

 *4月1日以降は、午前9

  時00分から午後4時00

  分まで受け付けます。

 *電話:0765-65-1567

  又は「どやまらんど 

  管理棟」で申し込んでく

  ださい。

 *宿泊者が居られる時は

  当直者がつきます。

  (テントでキャンプされ

   る場合も同様です。)

 

 

2.農村文化伝承館 

1)営業期間

 *4月1日から11月30

  日まで営業。

*11中旬を過ぎると、気温

 など天候条件が悪くなります

 ので、管理事務所までお問い

  合わせください。)

 *休館日は原則として毎週

  水曜日です。

2)予約受付

 午前9時00分から午後4

 時00分まで。

3)施設の利用については、

 ップのナビケーションの 

 「山本家」をクリックして

  ご覧下さい。

4)「山本家」は、230年ほ

 ど前にれた建造物

 での方々が見学した

 り、自炊しながら体験宿泊

 ができ、古き・良き時代の

 活体験ができる設です。

 電話:0765-65-2038

 *又は「山本家の管理事務

  室を受付けま

  す.

 *宿泊者が居られる時は、

  当直者がつきます。